歩きスマホをする理由

歩きスマホは危険な行為だと駅のポスターになるほど広まっている。にも関わらず歩きスマホを相変わらずしている人はいる。これはいったいどういうことなのか。熟考した結果ひとつの結論が導き出せた。

歩きスマホをする人は、歩きスマホをしなければ前に進めないのだ、と。

そうでもなければ、怪我どころか転落死するケースすら発生しているのにも関わらず歩きスマホをする理由が思いつかない。

彼らは前に進むために歩きスマホをし、階段をスマートフォンの画面を見ながら器用に昇降し、極端に研ぎ澄まされた感覚を駆使して、歩きスマホしながら他の歩行者を器用に避ける――。上級者ともなればイヤホンをして上記の行動を平然としてみせる。もしかしたら我々人類と歩きスマホをする人類は、似て非なる存在となっているのかもしれない……。