本が並んでいないことがある

本屋でたまに棚に欲しい本が――何年か前の本だとなおさら――並んでいないことがあり、大抵はその下のスペースに入っている。

これを勝手に開けると面倒なことになるのだろうと思うので店員さんに開けてもらっている。もちろん欲しい本が素直にそのまま棚に並んでいるのが最善ではあるがしかたがない。棚にしろ人生にしろ何事にも上限というものがつきものだ。