staf’s diary

記事を紹介する際は最低限URLを明記してください

恋愛離れが加速しているふたつの理由

news.careerconnection.jp

恋愛離れが加速しているというニュースを見て、ふたつの理由が思いつく。お金がないのと余裕がないという理由だ。

ひとつ目のお金がない。これはもっと言えば自分が生きていくのに精一杯なので自分以外の他人にお金を使うことができないとなる。また、お金がないので何にお金を使えばいいのかがわからないことも示唆できるだろう。

ふたつ目の余裕がない。これは日本全体でそうなりつつあるように感じている。多少のことでクレームを入れたり、何か気に入らないことがあれば即座にSNSなどで晒したりするようなことがこれまで以上に個人的に見られるようになっていると私は思う。あたかも自分以外信じられないような環境になりつつあるのだから、誰かにお金を使う気になるのは難しい。

解決するのは自分で自由に使えるお金を増やし、そして日本全体が余裕のある国になることだ。もっともその解決が何よりも一番の難関であることは間違いない。

お金と時間

お金と時間のどちらを与えたらよいのかという問題があったとしたら、間違いなくお金をまず与えるべきだ。お金があれば時間がなくてもお金を消費することはできる。たとえばお金があれば通販で商品を購入できるし、サブスクリプションにもうひとつ加入することもできるようになる。

しかしながら時間があってもお金がなければできることは限られてしまう。そのためお金(正確に言うなら自由に消費することのできるお金)を与え、その後時間も与えるべきである。お金があり、かつ時間がある状態でないとできないこともある。旅行がわかりやすいだろう。

ステマ疑惑よりも気がかりなこと

togetter.com

Twitterにおいてほぼ同時刻に複数のアカウントより『アナと雪の女王2』に関してのツイートが投稿された。

しかしながらそれらは実は宣伝であり、宣伝であれば必要なPRタグを記載していなかったがためにステルスマーケティングではないかと疑われているらしい。正直そうであってもそうでなくても当事者ではないのでどちらでもいい。

それよりもはるかに問題なのはすでに言及されているとは思うが、以降しばらくの間「楽しかったから」や「みんなにも見て欲しいから」という理由でのツイートなどがステルスマーケティングなのではないかと思われてしまいかねないことだ。

残念ながら単なる善意での投稿をどうしても悪意や何かしらの作為があるはずであると考えてしまう存在が一定数存在しているのが実情で、その毒牙にかからないためには投稿を避けた方がいいのかもしれない。

191203

個人的には小学校で答えを間違えた児童を笑うことが当たり前であるような風潮を無くすことができれば、日本という国が今よりは改善されるかもしれないが、それができない以上改善は見込めるわけがない。

台風19号

台風19号が近づいている。

この所事前に大げさに騒ぎ立てておきながら実際はそれほどでもなかった、というパターンが多いように思う。

ただ、これは決してだますためにそうしているわけではないのだろう。大げさに言わなければ身を守るための行動をすることができないヒトが一定数存在していて、そのためにしかたがなくそうしているように考えている。